「SQL Server」の記事一覧(2 / 2ページ)

UNIONの結果を一時テーブルに保存する方法

UNIONの結果セットを、一時テーブルに保存するSQL文 SELECT AAA,BBB INTO #tbl_tmp FROM tbl_01 WHERE [条件1] UNION SELECT AAA,BBB FROM tb・・・

SQLServerMSEを使用して、DBを移植復元

本チャンサーバのDBをTESTサーバのDBに上書きする場合。 TESTサーバに接続し、復元を行うと、目的の「DBは使用中のため復元できません」と 怒られる。 「masterを使用してください」と言われるので、 復元内容を・・・

ログインアカウントとユーザーアカウントの再マッピング

DBデータを他のSQLサーバへ移動させた場合、ログインアカウントのないユーザーアカウントが出来上がる可能性がある。 システムデータベースの「master」をシングルユーザーモードで復元できればよいが、少しでもバージョンが・・・

カーソルによるループ処理

カーソルの宣言 DECLARE 顧客カーソル CURSOR FOR SELECT 顧客コード, 顧客名 FROM 顧客; カーソルを開く OPEN 顧客カーソル —- カーソルを開く FETCH NEXT F・・・

日付での抽出(WHERE句での利用)

テーブルに日付データが入っていて(datetime型)、フォームから、年月を指定して絞り込みたい場合の処理 フォームから、年もしくは、月を文字列としてSQLサーバに投げる。 ———&#・・・

文字列の日付をSQLサーバのdatetime型フィールドにINSERTする

SQLサーバのdatetime型は、年月日+時刻になっている。 しかし、結局のところ以下の構文でINSERTできる。 "INSERT INTO [テーブル名]([フィールド1],[フィールド2]) VALUE(・・・

tempdbの一時テーブルをフォームから直接編集する。

元になる一時テーブルにPRIMARY KEYがないとフォームからは、読み取り専用のレコードセットになってしまいます。

ストアドファンクションの戻値を取得する。

スカラ値関数として作成したユーザー定義関数のreturn値をADOで取得する方法。 Dim cn As ADODB.Connection Dim cmd As ADODB.Command Set cn = Current・・・

プロシージャ内で変数にSELECT文の結果を入れる

DECLAREで宣言した変数に、SELECT文の結果を入れるには。 SELECT @変数 = [列名] FROM [テーブル名] ・・・

バックアップの手順

SQL Server Management Studio Express を使用してのバックアップ手順 バックアップには、完全/単純/一括ログがある。 「データベースのプロパティ」-「オプション」の「復旧モデル」で選択で・・・

サブコンテンツ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

このページの先頭へ