PPPoEを使う

会社はNTTの光ネクストで光電話をしようしている。

新規に引いた回線なので、まだPCはぶら下がっていない。

そこにFortigateをいれて、ネットワークを構築する。

まずは、CTUで接続されているPPPoEを切断する。

CTUの管理画面に入るには、CTUにLAN接続したパソコンから、https://ctu.fletsnet.com/
と打ち込む。

幸い?IDとパスワードは自動入力されるようになっていた。工事屋さんの好意ですね。

メニューに接続設定があるので、プロバイダの設定をクリアして、PPPoE接続を配下のルーターに任せるという設定をONにする。

TOP画面から、変更を反映させるをクリックして完了。

現在PPPoE接続競れているようであれば、切断しておく。

ここらの設定は、光電話には全く影響ないようである。

では、FortigateでPPPoEの設定をする。

「システム」-「ネットワーク」のインターフェースで「wan1」の編集をクリック

「エイリアス」は適当にわかりやすい名前をつけて、「アドレッシングモード」でPPPoEを選択

「ユーザ」と「パスワード」に指定されたものを入れて、「サーバからデフォルトゲートウェイを取得する」「内部DNSを上書き」にチェックいれる。

MTUは、NTTが指定している値に変更

以上が出来たら、「ステータス」の更新をクリック

「接続」と表示されたら完了。

だが、これはリンクアップできただけ。

端末からインターネットへ出て行くには、「ルータ」-「スタティック」に「スタティックルート」を入れてやる。

「新規作成」をクリックして

IP/マスク・・・0.0.0.0/0.0.0.0

ゲートウェイ・・・192.168.1.99(これは、端末が接続されているInternalのポートに振られているIP)

あと、ファイヤーウォールのポリシーにinternal6からwan1へのポリシーをいれる。(今回はたまたまinternal6に端末を接続している)

送信元インターフェース/ゾーン・・・internal6

送信元アドレス・・・all

宛先インターフェース/ゾーン・・・wan1

宛先アドレス・・・all

スケジュール・・・always

サービス・・・ANY

アクション・・・ACCEPT

NATを使用しているのなら、NATにチェックを入れる

で、たぶんこれでつながる


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

このページの先頭へ