仮想マシンをインポートするときの注意点

バージョン Hyper-V 1.0

VHDファイルについて

エクスポートされたマシンのVHDファイルを、Hyper-Vマネージャーで取り込むときには、以下の点に注意しておきたい。

  • インポートされたVHDファイルは、再度インポートすることができなくなるので、念のためコピーをとっておく
  • インポートされたマシンのVHDファイルは、インポート用のファイルそのものになるので、実運用するなら、ホストマシンにコピーしてからインポートすること

ちなみにR2からのHyper-Vのバージョンでは、上記の問題はクリアされている。


コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ