フォルダリダイレクトを使ってみる

社内でデスクトップPCに関してフリーPCにするという案が出てきたので、試験環境を構築してみた。

Windows Server 2008とXPを使ってActiveDirectryを構築。

まずは、移動ユーザープロファイルで環境を移動できるようにしてみたが、ログオンに時間がかかってしまうので、フォルダリダイレクトも併用することにした。

この2つを併用すると何か弊害があるのかどうかは不明。今のところ問題はない。

フォルダリダイレクト用のフォルダをサーバー側に作成。  参照ページ

・Everyoneグループの[共有]アクセス許可を[フルコントロール]にする

・以下の通り[アクセス許可]を設定する

 1.CREATOR OWNER-フルコントロール(適応先:サブフォルダとファイルのみ)

 2.System-フルコントロール(適応先:このフォルダ、サブフォルダおよびファイル)

 3.Domain Admin - フルコントロール(適応先:このフォルダ、サブフォルダおよびファイル)

 4.Everyone - フォルダの作成/データの追加(適応先:このフォルダのみ)

 5.Everyone - フォルダの一覧/データの読み取り(適用先:このフォルダのみ)

 6.Everyone - 属性の読み取り(適用先:このフォルダのみ)

 7.Everyone - フォルダのスキャン/ファイルの実行(適用先:このフォルダのみ)

でもって、GPOの設定  参照ページ

「管理ルーツ」-「グループポリシーの管理」から該当ドメインを選択して、「グループポリシーオブジェクト」から目的のGPOを右クリックして「編集」を選択

「ユーザーの構成」-「ポリシー」-「Windowsの設定」-「フォルダリダイレクト」を選択

目的のフォルダのリダイレクト設定にする。

クライアントがXP以下の場合、適用できるフォルダに制限があるので注意。 参照

設定ができたら、クライアントをログオフさせるか「gpupdate /force」でGPOを更新したら、サーバ側にリダイレクトされている。

私が、ハマッたパターンとして、テスト環境で使用していたPCのウィルス対策ソフトのせいでサーバーへのPingが通らなかったため、全くリダイレクトされなかった。

Pingが通らないと、低速回線環境と判断されて、ローカルファイルが使用されるんですね(汗


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

このページの先頭へ