DELL T105 で本体カバーを開けたら起動しなくなった

DELLの激安サーバでちょっとしたシステムを組もうと購入した。

ハードディスクを入れ替えるためにカバーを開けて交換。

で、電源を投入したら、「カバーが開いてる!」って起こられた。

いろいろ調べたら、一度カバーを開けると、警告がでるようになっているらしい。

結構これで困っている人は多いみたい。

BIOSの設定を変更することで、回避できます。

起動時に「F2」を押す。

BIOSで、System Securityを選択。

Chassis Intrusion Reporting を、Detectedにします。

「ESC」で、保存して終了。

以上で、問題解決!

参考ページ


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

カレンダー

2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

このページの先頭へ