OpenPNEをWindowsServer2008にインストール

前回の記事で、OpenPNEをインストールする下準備が整ったので、さっそくOpenPNEをインストールしてみた。

ファイルのダウンロード

1.OpenPNEのサイト http://www.openpne.jp/pne-downloads/
 からファイルをダウンロード。

 この時点の安定版は2.14.1でした。

 今回は、WindowsServer2008(32bit)にインストールということでzip版をダウンロードした。

2.ファイルの解凍

 解凍されたフォルダの中に「Public_html」というフォルダがある。 このフォルダが外部へ公開されるフォルダになるので、任意の場所を指定して解凍します。

3.OpenPNE用のDBを作成

 phpMyadminを開き、管理者としてログインする。

 新規データベースを作成し、適当な名前をつける(ex.openpne)

 トップページから「特権」を選択し、「新しいユーザーを追加する」をクリック

 ユーザー名(ex.openpne)、ホストにlocalhost、パスワードを入力する

 「データベースに固有の特権」というところで、OpenPnNE用DBを選択する

 データ・構造・管理のチェック項目をすべて選択し、「実行する」をクリックする。

 DBが作成できたら、一度ログアウトする。

 今度は、先ほど作成したOpenPNE用のユーザーでログインする。

 「インポート」タブを開き、テキストファイルに先ほど解凍したOpenPNEのフォルダの中にある「setup¥sql¥mysql41¥install¥install-2.12-create_tables.sql」を選択し、「実行する」をクリック

 続いて、「setup¥sql¥mysql41¥install¥install-2.12-insert_data.sql」を実行する。

4.設定ファイルの作成

 解凍したフォルダの中に「config.php.sample」というファイルがあるので、これを「config.php」とリネームしてコピー。以下の内容を記入する。

define(‘OPENPNE_URL’, ‘http://○×○×/openpne/’);

公開用のアドレスがなければ、localhostでもいい。

// DBサーバ設定

$GLOBALS[‘_OPENPNE_DSN_LIST’][‘main’] = array(

‘dsn’ => array(

‘phptype’ => ‘mysql’,

‘username’ => ‘OpenPNE用DBへのユーザー名’,

‘password’ => ‘パスワード’,

‘hostspec’ => ‘localhost’,  ←ローカルの場合

‘port’ => ‘3309’,

‘database’ => ‘OpenPNE用DBの名前’,

‘new_link’ => false,

),

);

// DB暗号化キー(56バイト以内のASCII文字列)

define(‘ENCRYPT_KEY’, ‘適当な文字列’);

// メールサーバードメイン

// 携帯メール投稿の宛先などのドメイン名に使われる

define(‘MAIL_SERVER_DOMAIN’, ‘使用するドメイン名’);

5.php.iniの設定を確認する

 以下のextensionを追記しているか確認する。

 extension=php_mysql.dll

 extension=php_gd2.dll

 extension=php_mcrypt.dll

6.仮想ディレクトリを設定する。

 IISでOpenPNE用の仮想ディレクトリを設定する。公開するフォルダは「public_html」

7.OpenPNEのセットアップ画面をブラウザから開く。

  http://○×○×/IISの仮想ディレクトリ/?m=setup


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

このページの先頭へ