XPのリモートデスクトップでNLAを有効にするには。

まずは、XPをサービスパック3にアップグレードする。

次に最新版(6.0)のリモートデスクトップ接続クライアントをインストールする。

この時点では、デフォルト設定でNLAを使うことはできないので、レジストリの値に変更を加える必要がある。

1. [スタート] をクリックして、 [実行] をクリックして、「regedit」と 、入力とし、Enter キーを押します。

2. ナビゲーション ウィンドウ見つけてし、次のレジストリ サブキーをクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlLsa

3. 詳細ウィンドウで、 セキュリティ パッケージ を右クリックして [ 変更] をクリックします。

4. [ 値のデータ ] ボックスに、 tspkg を 入力します。 すべてのデータが、他の SSP に固有のままにして [ OK] をクリック します。

5. ナビゲーション ウィンドウ見つけてし、次のレジストリ サブキーをクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlSecurityProviders

6. 詳細ウィンドウで、SecurityProviders、右クリックして [ 変更] をクリックします。

7. [ 値のデータ ] ボックスに、 credssp.dll を 入力します。 すべてのデータが、他の SSP に固有のままにして [ OK] をクリック します。

8. レジストリ エディタ終了します。

9. コンピュータを再起動してください。

なお、リモートデスクトップのサーバ名のところは、IPアドレスにすると認証エラーがでますので、必ずサーバ名を入力しましょう。


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

このページの先頭へ