Officeの圧縮CDイメージによるインストール

Officeのインストールをするのに、いちいちプロダクトキーを入力したりするのが面倒くさいので、SP含め一気にインストールする方法をググってみた。

圧縮CDイメージによるインストールというのがあるようだ。

一応上手くいったが「圧縮CDイメージ」というのがピンとこなかった。。。

ま、それはさておきやった方法を覚え書き。

圧縮CDイメージによるインストールの場合、プロダクトキーや使用許諾契約書の同意を入力しなくてはいけないが、MSTファイルを使用すると省略できるらしい。

また、管理者インストールポイントというのを使っても省略できるらしいが、これはADを利用してインストール先を限定するようなので、今回はパス。

MSTファイルによるインストールを試みた。

1.インストールメディアから、隠しファイルを含めすべてのファイルをサーバの[共有フォルダ]にコピーする。

2.コピーしたファイルの中にある「Setup.exe」を拡張版に置き換える。

拡張版をこちら
からダウンロードして、適当なところに展開

インストールメディアからコピーした「Setup.exe」を展開したSetup.exeで上書き保存する。

3.Office 2003 Editiors Resource Kit Tool をここから
ダウンロードして、インストール

4.インストールされたプログラム(Microsoft Officeの中にある)から「Custom Installation Wizard」を選択

5.ウィザードに従って必要な項目を入力

  今回入力したのは、プロダクトキーとセキュリティ設定

  (でも、Accessのセキュリティ設定がないのはなぜ?)

6.ファイルの保存先を1と同じ場所に指定して、完了

7.1でコピーしたファイルの中から、「FILES」-「SETUP.INI」を編集する。

  [MST] 6で指定した場所を入力

8.上書き保存

9.続いてサービスパックのexeファイルを任意の場所に保存

10.このサービスパックも同時にインストールするようにバッチファイルを作成

[setup.exeへのパス] TRANSFORMS=[作成したmstへのパス] /qb-

[サービスパックのexeファイルへのパス] /Q

shutdown -r -t 0

11.上記ファイルをコマンドプロンプトで実行すれば完了

12.ですが、インストール権限のないアカウントで実行してもエラーになる。

そこでrunasを使用して実行する。コマンドプロンプトで、

runas /user:○×△ "[バッチファイルのパス]"

という感じでできました。


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

このページの先頭へ