Windows XP のAD環境にWindows 7 を導入する

XPがとうとうサポート終了ということで、7を導入せざる得ない状況になってきたため、現在の環境に7を導入した場合の不具合がないか検証するための実験。

忘れないようにメモ

現在、2008ServerでADを構築、クライアントはすべてXPで移動ユーザープロファイルを使用中。

まず、普通に7の入ったPCをAD参加させてみたが、どうやらユーザープロファイルが問題みたいで、チョー不安定。

調べたところ、ADが2003、クライアントがXPの環境にVistaを導入するときの手順があった。

XPのユーザープロファイルとフォルダリダイレクトをVistaで共有するためには、一手間必要。

基本的に両者はデータを保存している場所が違うので、お互いを相互利用できるようにしてやる必要があるとのこと。

というわけで、7でも同じだろうと思い試してみる。

XPと7のクライアントPCをそれぞれ用意。7のクライアントで「ファイル名を指定して実行」にGPMC.MSCと入力して、グループポリシーを編集しようとするが、ファイルが見つからないと怒られた。

7からは、リーモートサーバー管理ツールというのをインストールしなければいけないらしい。

インストールが終了したら、「コントロールパネル」から「プログラム」-「プログラムと機能」-「Windowsの機能の有効化または無効化」で、「リモートサーバー管理ツール」を展開し、「機能管理ツール」-「グループポリシー管理ツール」にチェックをいれてOK。


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

このページの先頭へ