XPから7へ乗り換える

なんで今頃?という話もあるが、XPのサポート切れが迫ってきて、備忘録的に書き留めておく。

Windows7の準備

今回は、関連会社のパソコンを入れ替えることになったのだが、用意されたのがHPのOSプリインストール版だった。

OSのイメージを作成して、一気に展開するつもりだったが、プリインストール版ではできない、ということに後から気がついた。

Windows7の再イメージング権

正確には、ボリュームライセンスプログラムで購入したWindows7がないと、再イメージング権がないので、ライセンス違反になる。ということと、OEM版でのsysprepでは「コンピューターのsysprepを実行中に致命的なエラーが発生しました。」というメッセージが出てきてイメージ化できない。

再イメージ化できるのは、3回までと決まっていて、OEM版の場合、すでに3回使われてしまっているのであった。。。

ボリュームライセンス版のWindows7を1つでも持っていれば、それに「再イメージング権」がついているので、イメージ化してOEM版の数だけインストールしても構わないということらしい。

仕方がないので、OEM版を立ち上げて、後はすべてグループポリシーで何とかしてしまおうということにした。

共通して、インストールするものは

  • アドビ関連
  • アンチウィルスソフト
  • Office
  • 更新プログラムの適応

意外と少ない・・・。
ちなみにだが、OSをイメージ化して配布するときにOfficeを含んでいる場合は、Office自体も「再イメージング権」が必要になるので、ボリュームライセンス版が必要になる。

Adobe ReaderとFlashの配布

アドビは、ReaderとFlashを.msi形式でインストールするには、配布用のパッケージをAdobeからもらう必要がある。

取り出し方はAdobeのページに載っている内容を参照

Adobe Reader のMSI インストーラーを企業内配布用に抽出する

.msi形式のファイルが手に入れば、グループポリシーで配布するのは、特に問題ない作業。

あえて記載しておくのであれば、古いバージョンをアンインストール後に新しいバージョンをインストールする、という設定にしておいた方が、すんなり行くことが多いように思う。が、今回は新規インストールだから、必要ないか。

Officeのインストール

今回はOffice2010をグループポリシーにて展開するのだが、2003の時のように.msiファイルを作れないようだ。

したがって、「Officeカスタマイズツール」なるものを使用して、グループポリシーで使えるようにした。詳細なやり方は下のリンクをクリック

基礎からわかる! Office 2010 移行術

少々はまったのは、インストール後にOfficeを立ち上げると、ライセンス認証の画面が現れて、キー入力させられることだった。

意味ないじゃん…

MAKキーでの認証を設定したのだが、オフィスカスタマイズツール(OCT)でセットアップの設定を行う際に、ライセンス認証を自動で行うという設定にしておかないと、一般ユーザー権限では、認証ができないらしい。

OCTを使ってライセンス認証を自動でさせるには、下のページにある「OCT でサイレント インストールと自動ライセンス認証オプションを構成するには」を参照するとよい。

Office 2010 のサイレント インストールを構成する

念のため抜粋を掲載しておく

  1. Office 2010 ソース ファイルが格納されたネットワーク インストール ポイントのルートから、コマンド ラインで「setup.exe /admin」と入力して、OCT を実行します。たとえば、¥¥server¥share¥Office14¥setup.exe /admin と入力します。
  2. サイレント インストール オプションを設定するには、左側のウィンドウで [使用許諾契約とユーザー インターフェイス] を選択し、[表示レベル] ドロップダウン ボックスで [なし] を選択し、[入力項目を表示しない] を選択します。次に [完了通知を表示する] チェック ボックスをオフにして、[「使用許諾契約書」の条項に同意します] を選択します。
  3. MAK キーを入力するには、左側のページで [使用許諾契約とユーザー インターフェイス] を選択し、右側のページで [プロダクト キーの入力] を選択し、[プロダクト キー] テキスト ボックスに Office 2010 用の組織の MAK プロダクト キーを追加します。
  4. 自動ライセンス認証オプションを設定するには、左側のウィンドウで [セットアップのプロパティの変更] を選択し、右側のウィンドウで [追加] をクリックします。
  5. [プロパティ値の追加] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスに「AUTO_ACTIVATE」と入力します。プロパティ名には大文字を使用する必要があります。
  6. [値] ボックスに「1」と入力し、[OK] をクリックします。
  7. OCT でカスタマイズが完了したら、[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックして、セットアップ カスタマイズ .msp ファイルを保存します。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ