SNP(Scalable Networking Pack)を無効にする

ここでは、Windows OSのSNPとタスクオフロード、受信ウィンドウ自動チューニングレベルを無効にする方法をメモします。
目的は「ネットワークが不安定になる問題を解消」するためです。
対象OSは「Windows10」です。

パワーシェルが開きますので、次のように打ち込みます(コピペできます)

netsh interface tcp show global

現在のSNPにはRSS、TCP Chimney Offload、NetDMAという機能が含まれています。
Windows10では、そのうちRSSだけが有効化されています。

ので、続いてコマンドプロンプトに次のように打ち込みます

netsh int tcp set global rss=disabled

さらに続けて

netsh int tcp set global autotuninglevel=disabled

確認のためはじめのプロンプトをもう一度打ち込みます。(キーボードの「↑」で再表示できます)

netsh interface tcp show global

グローバル パラメーターの上2つの値が「disabled」になっているのを確認します。

タスクオフロードを無効にするにはレジストリ情報を変更します。

レジストリは、パソコンの動作に重大な影響を及ぼす可能性があります。
レジストリを変更する場合は、事前にバックアップを必ず取りましょう。
また、変更を行う場合は、自己責任でお願いします。

変更するレジストリのキーは

キー:HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥Tcpip¥Parameters

名前:DisableTaskOffload

種類:REG_DWORD

値:1(無効化),0(有効化)

設定が存在していなければ有効になっている

もし、レジストリの編集・作成方法がわからないようでしたら、手を加えない方が良いと思います。

以上の作業が完了したら、パソコンを再起動します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました