ウィルスバスターコーポレートエディションのライセンス

トレンドマイクロのウィルスバスターコーポレートエディションのライセンス体系がよくわからないので、サポートセンターに聞いてみた。

コーポレートエディションのサーバ/クライアント バージョンの場合、

クライアントOSにインストールできるライセンスは、サーバOSにインストールできるライセンスでもあるらしい。

どちらにインストールしてもいいが、インストールした段階で1ライセンス消費ということになる。

しかし、ライセンス本数を調べると、購入した本数の倍になっている。

???

要は、1ライセンス購入すると、クライアントOS用1本、サーバOS用1本ということになり、2ライセンスというカウントになるらしい。

で、例えばクライアントOSにインストールしたら、クライアントOS用1本+サーバOS用1本を同時に消費ということになるようだ。

ウィルスバスターの言うクライアントとは、クライアントOSではなく、ウィルスバスターのクライアントということのようだ。これが、ごっちゃになってよくわからなくなっていた。


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

カレンダー

2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

このページの先頭へ